2017年6月25日日曜日

「笹の露」中歌のオンライン下合せ【演奏動画付】

今回は笹の露・中歌の「オンライン下合せ」ですが、唄の東がまず撮影、その音源を聴きながら、大庫がイヤホン合奏、さらにその音源を聴きながら山口がイヤホン合奏をして合成という順番で行いました。


「東・大庫」のツーショット・オンライン下合せ動画は、初となります。どうぞご覧ください。

【三絃本手、唄・箏替手による合奏】







今回は私が中歌を歌わせて頂いて
おりますけども、ノリながら歌うので
普段は緩めに弾いている分、いざ合わせますと

かなりテンパってます(^_^;)。

とは言え、聞こしおせの無伴奏の独吟は
場面転換の重要場面ですので、
ここはやんわりとお酒をすすめる意味合いで
歌って行きたいですね。



【さらに尺八をオーバーダビング】




今回は私がイヤホンで 東さんの演奏に合わせ、その後山口さんが尺八を加えるという本邦初の三人のオンライン下合わせとなりました。
お互いの気配を感じながら演奏出来たらとても気分が良いだろうと想像できました。




尺八がちょっと大きくなりすぎてしまいました…
メリのピッチがちょっと上がり気味になるときがあるので、気をつけます。
最近、気温が上がって、甲のロとかツのメリとかが、冬に比べて上がってきています。
これまでの大庫さん、東さんとの「オンラインの共演」は、昨年の秋から冬、そして今年の春にかけてなので、ピッチが440くらいまで落ちていましたが、本番は夏なので、多分442くらいまで上がっていそうです。
今は441くらいでしょうか。

「オンラインの共演」となると、実際に場を同じくしていないので、
時や場所だけでなく気候や楽器ごとの条件などもずれたりしており、
パソコンで合わせる際にも微細なズレが「違和感のある合奏」となるなど、
やはり「リアルな場での合奏」にはない難しさがありますね。

我々の「リアルな場での合奏」は、本番当日に初めて実現するでしょうから、
それまで「ネット」を利用して、できる限りあらゆる方向性から合奏の成功に結びつけていきたいですね。

2017年6月17日土曜日

今日はラジオ番組収録

こんばんは 大庫こずえです。

今日のトピックをご紹介します。

長野県のSBCラジオの「上田ぶらり散歩」という番組で 8月に行われるしるしプロジェクトの催しを取り上げて下さるという事になり、本日急遽収録に伺ってきました。


メインパーソナリティは 8月18日開催の催しでお茶席を担当して下さる小宮山師匠
そしていつも穏やかなお声で師匠のお相手を務める小林良子アナウンサー。

今日の放送10周年記念の公開録音を終えて間も無く 我々のひと番組を収録するというタフなお二人との収録風景。


「而今の会」が どんな練習方法を編み出したかも紹介しています。

放送は7月後半になる模様です。

「笹の露」後の手事・オンライン下合せ【演奏動画付き】





こうして手事を演奏してみるも、やはり「京風手事物」の王道というか、いかにもな菊岡・八重崎両検校の節回しで、整った美しさがありますね!

「笹の露」は、両検校の作曲の中でも、特に掛け合いが多いので、こうした「オンラインの共演」でも、それぞれの奏者の個性の違いがうまく主張し合えていいですね。

「イヤホン合奏」は慣れるまで本当に難しいのですが、回を重ねるごとに少しずつ自然な音の交わりに近づいている気もしますね。「合奏」ということそのものが、初めての時はどこかぎこちなかったりしっくり来にくいところがあったりするのが、何度も合わせていると少しずついい塩梅になってくるもののように思いますが、それは「オンライン下合せ」でも同じですね。




まだ慣れるまでに時間がかかりますが、
こう言う合わせ方も面白いものですね。

こうした状況下での合わせでも、
生で合わせるのと変わらずにやんわりと

絡んで行きたいです。

2017年6月12日月曜日

東版「笹の露」オンライン下合わせ

笹の露のオンライン下合わせが漸く走り出した所です。

私はイヤホンを装着しないで音源をそのまま
聴きながら取り組んでました。

しかしながら、不具合が起きますので昨日になって
漸くイヤホンを用意して合わせる形を
とる様になりました。

動画でこんな感じで取り組んでいるのが
お分かり頂けると思います。



















僕も今回痛感しましたが、やはりどうしても「三絃本手に、箏替手が合わせる」と考えてしまいやすいんですが、やはり三絃本手も箏をよく聴いて、間合いを感じながらお互い合わせているということが、これを機会にあらためてよくわかりました。尺八は三絃本手にベタなので、三絃+尺八では意識しないのですが、箏が入った状態で編集していると、時々「あれっっ!?三絃と尺八、走ってる??」という感覚を受けました。箏がないときは「乗ってる」感じなのにです。「尾上の松」の後歌の宮城の手、あそこって三絃本手が合わせてあげる箇所ですよね。ああいう要素が、やはり通常の地歌箏曲でも必要なんだということがよくわかりまして、僕としては非常に勉強になった編集作業でした。














やはりお互いに聴き合う形で進めるのが
一番の理想だと感じますね。
















本当にそうですね。「オンライン下合せ」の難しい壁であると同時に、かえって「三曲の本質」とは何か、教えてくれる一日でした。どうもありがとうございました。













そうなんですよ。
独走(!)ではないんですよね。
お互いの息 間合いを感じながら演奏するから 合奏の醍醐味が味わえるんです。

2017年5月27日土曜日

「笹の露」尺八の難所【演奏動画付き】

こんにちは、山口です。

先週の記事でお伝えした通り、現在「而今の会」は「オンライン下合せ」の真っ最中なのですが、今週から各パートのお稽古模様を記事リレーにてご紹介しようと思います。
トップバッターは、尺八の僕からです。


さて、よく言われるのが、三曲において「三絃は骨、箏は肉、尺八は皮」という例えです。
完全に的を得た例えなのかどうかはともかく、僕としては三絃は「本手」唄も手も共に曲の骨格である存在、箏は「替手」として本手の三絃を装飾し盛り上げていく存在だなと理解しております。

それに対し、尺八は唯一の「持続音楽器」であり、特に琴古流の尺八は三絃本手に「ベタ付け」になっていますが、その役割としては「音と音を流麗につなぐ」こと、「音の増幅や減衰、音色のふくよかさ」などを表現していくことなどに存在意義があるのかなと考えています。つまり、音楽としての本質面は基本的に糸方が担って下さっているところに、如何に尺八が入ることで音楽的な付加価値をつけることができるか、そこが値打ちなのかなと考え、日々精進を重ねております。

地歌箏曲はその名前の通り、地歌と箏曲だけで成り立つ音楽であり、糸の先生によっては「糸の余韻を消すから、尺八はない方がいい」というお考えの方もあられると聞きますので、「尺八が入ってよかった!」と思っていただけるためにがんばっています。




さて、「笹の露」は奥傳曲の中でも二つの手事を持つ長大な楽曲であり、全曲通すと20分を超えます。その中で、軽妙な歌詞や美しく整った旋律、そして「さしつさされつ」の70回近くもある掛け合いなど、たくさんの聴きどころがあるのですが、それと同時に糸方の「調弦替え」による、飽きさせない曲展開も魅力的だと思います。20分を超え、手事が2つあるような大曲になると、「八重衣」のようにあえて本調子で通してあるような例外を除き、一般的に三絃は低めの調子からしだいに調弦を上げていくような展開が多いようです。「笹の露」も初めは本調子で出て、1つ目の手事を終えて中歌で二上りとなり、後の手事のチラシあたりで転調して、後歌で高い三下りとなります。個人的に、この「後歌の高三下り」が、尺八にとって「笹の露」の「難所」の一つであるように感じています。


というのも、「高三下り」とは、二上りの「ロ、チ、ロ」から一の糸を1音上げて「ツ、チ、ロ」となっています。これは、通常の三下りの「ロ、レ、リ」から全て1音上がった調子、つまり「八寸管から見た六寸管の調子」となるわけなんですね。本当ならば後歌でサッと六寸管に持ち替えれば、指使いはふつうの「三下り」の通りになるところを無理やり八寸管でやっているので、「難しい転調」の連続のような指使いに見えるんです。だから、「ツの中メリ」「レのメリ」「ヒの中メリ」「五のヒのメリ」の連発になるわけですね。


これらの「ややこしい指使い」は、琴古流では基本的に替え指をせず「音階上メリの音」が必要な音はメって出します。例えば、「レのメリ」「ツ」「五のヒのメリ」「ヒ」と同音です。ですから、流派や会派によっては出しやすい全音の指使いに置き換えて吹くこともあるようです。しかし、それでは「メリの音色」がどうしても出ません。

六寸管の「ロ、ツ、レ、チ、ヒは、八寸で吹くと「ツ、レ、チ、ヒとなるのであるから、「レのメリ」は「ツのメリ」の、「五のヒのメリ」は「ヒのメリ」のつもりで吹く必要があるわけです。

とにかく難しい手の連続で、音程も狂いやすいし、長い曲を拭き通してきた最後のところでとても細かな神経を使わなければならないポイントなんですが、だからこそ演奏しがいのあるところでもあります。「御山獅子」「西行桜」なども、最後のところは同じような難しい指使いが出てきます。こうした曲でいかに「自然」に聴こえるように吹けるか。「八寸管で吹いているのに、まるで六寸」のような音のタッチを表現できるのか、練習を重ねて行きたいところです。





【而今の会・「談話室」にて…】











三絃の本調子→二上り→高三下りと、
お箏の半雲井調子→平調子→中空調子の転調は
宇治巡りや西行桜と同じ構造でして曲が

進むにつれ段々と高潮して行くのを感じますね。

それと同じくして歌の声域も上がりますので、
前歌や中歌で使い切らずちゃんと後歌まで
残して行ける様に歌えれば御の字です。

















「高潮」まさにその通りだと思います。
「手事2つ」の曲の多くが持つ、独特の高揚感がありますよね。
「松竹梅」「根曳の松」なども、最高潮に盛り上がって、炸裂するように終わるかっこよさがありますよね!









2017年5月20日土曜日

いよいよ、「笹の露」のオンライン下合せへ!

こんにちは、山口です。



気がつけば「而今の会」ブログも、今回で16回目の記事となっております。毎週更新していますので、「16週目」ということはもうこのブログを立ち上げて4ヶ月が経過したということなんですね!早いものです。

で、最初の記事を何気なく見返してみると、なんと日付の「2月23日」って、僕の誕生日だったのでした。


その日のFacebookの書き込みを表示してみると、而今の会を始めることができた喜びが湧き上がってきている自分の興奮が思い出されます。



ちなみにその12日前、2月11日のFB書き込み「ライブしたいっっ!!!」が全ての始まりで、大庫さん、東さんがお声をかけて下さって結成と相成ったのでした。本当にありがたいことでした。





さて、これまでブログでは、会のコンセプトとか、音楽性の方向とか、あるいはメンバーがどんな人となりなのかなどをご紹介してきましたが、現在「而今の会」は、いわゆる「オンライン下合せ」を開始しております。

この「オンライン下合せ」とは、遠隔地ゆえに実際に同じ会場で顔を合わせての下合せが難しいため、お互いに録音した音源をメールでやりとりし、その音源を聴いて合わせる練習をしたり、自分自身の録音をパソコン上で合成し、できた音源をお相手に送り返して聴いていただき、メールで意見交換をしながら、また録音や合成を繰り返していきという過程をふんでリハーサル音源を仕上げていく、ということです。

「而今の会」のメンバー間では、これまで「秋の七草」「千鳥の曲」「黒髪」の3曲を「ジョイントweb演奏会」で公開してきましたが、そのときも実際に撮影に入る前に、こうしたネットを介した下合せを行いました。3曲とも「糸・竹」の2人での合奏であったため、さきにお糸の方に録音していただいて、こちらでそれを「イヤホン」で聴きながら合わせておりました。このときは、相手の録音と自分の尺八の音の両方が確認できるよう、「イヤホン」は片耳にさしています。



ただ、今回「3人」でのオンライン下合せは初の試みとなります。「3人」だと、最初のお一人(つまり三絃本手の大庫さん)に弾いていただいた音源に、箏の東さん、尺八の山口の2人が「イヤホン」で合わせないといけません。さらに、「笹の露」は掛け合いが多く、その間が合わないといけないのと、お糸のお二人には「歌い分け」をしていただくので、そこのところも再現しなければなりません。

目下、大庫さんに録音していただいた「笹の露」全曲(なおかつ掛け合いのところは拍子どおり空白・歌い分けの東さんのところは大庫さんは手だけの演奏)の音源とともに、東さん・山口の二人が猛練習中というわけです。

よき演奏をめざしてガンバリマス!!!