2017年5月27日土曜日

「笹の露」尺八の難所【演奏動画付き】

こんにちは、山口です。

先週の記事でお伝えした通り、現在「而今の会」は「オンライン下合せ」の真っ最中なのですが、今週から各パートのお稽古模様を記事リレーにてご紹介しようと思います。
トップバッターは、尺八の僕からです。


さて、よく言われるのが、三曲において「三絃は骨、箏は肉、尺八は皮」という例えです。
完全に的を得た例えなのかどうかはともかく、僕としては三絃は「本手」唄も手も共に曲の骨格である存在、箏は「替手」として本手の三絃を装飾し盛り上げていく存在だなと理解しております。

それに対し、尺八は唯一の「持続音楽器」であり、特に琴古流の尺八は三絃本手に「ベタ付け」になっていますが、その役割としては「音と音を流麗につなぐ」こと、「音の増幅や減衰、音色のふくよかさ」などを表現していくことなどに存在意義があるのかなと考えています。つまり、音楽としての本質面は基本的に糸方が担って下さっているところに、如何に尺八が入ることで音楽的な付加価値をつけることができるか、そこが値打ちなのかなと考え、日々精進を重ねております。

地歌箏曲はその名前の通り、地歌と箏曲だけで成り立つ音楽であり、糸の先生によっては「糸の余韻を消すから、尺八はない方がいい」というお考えの方もあられると聞きますので、「尺八が入ってよかった!」と思っていただけるためにがんばっています。




さて、「笹の露」は奥傳曲の中でも二つの手事を持つ長大な楽曲であり、全曲通すと20分を超えます。その中で、軽妙な歌詞や美しく整った旋律、そして「さしつさされつ」の70回近くもある掛け合いなど、たくさんの聴きどころがあるのですが、それと同時に糸方の「調弦替え」による、飽きさせない曲展開も魅力的だと思います。20分を超え、手事が2つあるような大曲になると、「八重衣」のようにあえて本調子で通してあるような例外を除き、一般的に三絃は低めの調子からしだいに調弦を上げていくような展開が多いようです。「笹の露」も初めは本調子で出て、1つ目の手事を終えて中歌で二上りとなり、後の手事のチラシあたりで転調して、後歌で高い三下りとなります。個人的に、この「後歌の高三下り」が、尺八にとって「笹の露」の「難所」の一つであるように感じています。


というのも、「高三下り」とは、二上りの「ロ、チ、ロ」から一の糸を1音上げて「ツ、チ、ロ」となっています。これは、通常の三下りの「ロ、レ、リ」から全て1音上がった調子、つまり「八寸管から見た六寸管の調子」となるわけなんですね。本当ならば後歌でサッと六寸管に持ち替えれば、指使いはふつうの「三下り」の通りになるところを無理やり八寸管でやっているので、「難しい転調」の連続のような指使いに見えるんです。だから、「ツの中メリ」「レのメリ」「ヒの中メリ」「五のヒのメリ」の連発になるわけですね。


これらの「ややこしい指使い」は、琴古流では基本的に替え指をせず「音階上メリの音」が必要な音はメって出します。例えば、「レのメリ」「ツ」「五のヒのメリ」「ヒ」と同音です。ですから、流派や会派によっては出しやすい全音の指使いに置き換えて吹くこともあるようです。しかし、それでは「メリの音色」がどうしても出ません。

六寸管の「ロ、ツ、レ、チ、ヒは、八寸で吹くと「ツ、レ、チ、ヒとなるのであるから、「レのメリ」は「ツのメリ」の、「五のヒのメリ」は「ヒのメリ」のつもりで吹く必要があるわけです。

とにかく難しい手の連続で、音程も狂いやすいし、長い曲を拭き通してきた最後のところでとても細かな神経を使わなければならないポイントなんですが、だからこそ演奏しがいのあるところでもあります。「御山獅子」「西行桜」なども、最後のところは同じような難しい指使いが出てきます。こうした曲でいかに「自然」に聴こえるように吹けるか。「八寸管で吹いているのに、まるで六寸」のような音のタッチを表現できるのか、練習を重ねて行きたいところです。





【而今の会・「談話室」にて…】











三絃の本調子→二上り→高三下りと、
お箏の半雲井調子→平調子→中空調子の転調は
宇治巡りや西行桜と同じ構造でして曲が

進むにつれ段々と高潮して行くのを感じますね。

それと同じくして歌の声域も上がりますので、
前歌や中歌で使い切らずちゃんと後歌まで
残して行ける様に歌えれば御の字です。

















「高潮」まさにその通りだと思います。
「手事2つ」の曲の多くが持つ、独特の高揚感がありますよね。
「松竹梅」「根曳の松」なども、最高潮に盛り上がって、炸裂するように終わるかっこよさがありますよね!









2017年5月20日土曜日

いよいよ、「笹の露」のオンライン下合せへ!

こんにちは、山口です。



気がつけば「而今の会」ブログも、今回で16回目の記事となっております。毎週更新していますので、「16週目」ということはもうこのブログを立ち上げて4ヶ月が経過したということなんですね!早いものです。

で、最初の記事を何気なく見返してみると、なんと日付の「2月23日」って、僕の誕生日だったのでした。


その日のFacebookの書き込みを表示してみると、而今の会を始めることができた喜びが湧き上がってきている自分の興奮が思い出されます。



ちなみにその12日前、2月11日のFB書き込み「ライブしたいっっ!!!」が全ての始まりで、大庫さん、東さんがお声をかけて下さって結成と相成ったのでした。本当にありがたいことでした。





さて、これまでブログでは、会のコンセプトとか、音楽性の方向とか、あるいはメンバーがどんな人となりなのかなどをご紹介してきましたが、現在「而今の会」は、いわゆる「オンライン下合せ」を開始しております。

この「オンライン下合せ」とは、遠隔地ゆえに実際に同じ会場で顔を合わせての下合せが難しいため、お互いに録音した音源をメールでやりとりし、その音源を聴いて合わせる練習をしたり、自分自身の録音をパソコン上で合成し、できた音源をお相手に送り返して聴いていただき、メールで意見交換をしながら、また録音や合成を繰り返していきという過程をふんでリハーサル音源を仕上げていく、ということです。

「而今の会」のメンバー間では、これまで「秋の七草」「千鳥の曲」「黒髪」の3曲を「ジョイントweb演奏会」で公開してきましたが、そのときも実際に撮影に入る前に、こうしたネットを介した下合せを行いました。3曲とも「糸・竹」の2人での合奏であったため、さきにお糸の方に録音していただいて、こちらでそれを「イヤホン」で聴きながら合わせておりました。このときは、相手の録音と自分の尺八の音の両方が確認できるよう、「イヤホン」は片耳にさしています。



ただ、今回「3人」でのオンライン下合せは初の試みとなります。「3人」だと、最初のお一人(つまり三絃本手の大庫さん)に弾いていただいた音源に、箏の東さん、尺八の山口の2人が「イヤホン」で合わせないといけません。さらに、「笹の露」は掛け合いが多く、その間が合わないといけないのと、お糸のお二人には「歌い分け」をしていただくので、そこのところも再現しなければなりません。

目下、大庫さんに録音していただいた「笹の露」全曲(なおかつ掛け合いのところは拍子どおり空白・歌い分けの東さんのところは大庫さんは手だけの演奏)の音源とともに、東さん・山口の二人が猛練習中というわけです。

よき演奏をめざしてガンバリマス!!!

2017年5月14日日曜日

たまたま母の日

こんにちは
「而今の会」の大庫こずえです。



東京で生まれた私は 20代に首都圏の生活から一転、山に囲まれた現在の場所に移り住みました。
30数年前、新宿から特急あずさに乗り 途中から飯田線に乗り換え、生まれて初めて降り立ったこの地は 清々しい秋晴れの午後。

南アルプス 中央アルプスの高い山々に囲まれ、東京では見たことのない青空 澄んだ空気 そして真昼間の駅前なのに誰もいない…
悲しくなるような美しさでした。



山田流のお箏など知る人のないこの地で我が音楽的欲求を発散させるべく 娘1が幼稚園に入った時にバイオリンを習わせ始めました。
長じてヴィオラに転向し 先日初めて共演という機会を得、積み重ねた年月を改めて噛み締めたところです。


娘2は、生まれた時から 泣こうが騒ごうが姉のバイオリンの練習が先という環境で育ち 同じ様に習わせたにも関わらず、その方向は選ばずに 料理好きオシャレ好きでお茶目な現代っ子となり 今は気ままな東京一人暮らし。


同じ母から生まれたとはいえ 正反対のようなこの二人、旅行をしたり 長電話をしたりと仲良く独身を謳歌しているようで、私は傍で二人産んでおいて良かったと思うことしきりです。

私も姉との二人姉妹、最近は老いた母の話題で話す機会が増え 相談出来る相手がいることがどんなに有難いかと 産んでくれた母に感謝しています。


折しも今日は感謝し感謝される(であろう)母の日でした

2017年5月6日土曜日

兼業尺八家・山口籟盟の日常

こんにちは、山口です。
今回は而今の会の「メンバーの素顔」ということで、東さんから記事のリレーがスタートしています。
僕は本業が別にある「兼業尺八家」ということで、いったい普段どのような暮らしをしているかについてご紹介してみたいと思います。




平日は、小学校教員をしていますので、6:00に起床、7:00過ぎに出勤しています。
3年前までは、自宅のアパートが音を出せる環境ではなく、なおかつ勤務先まで車で1時間・道のりにして40km以上ありましたので、筑後川河川敷での朝練ばかりでした。

今はそれに比べて、1戸建ての貸家に住み、お稽古できる座敷もあり、勤務先もわずか9分(!!)に改善されたので、本当に恵まれた環境です。




出勤してからは、とにかく公務優先ということで、脇目も振らず(!?)お仕事をがんばっています。朝8:30から夕方5時までが勤務時間ですが、その間はほとんど生徒の対応のため授業準備の時間がとれないので、実際には朝到着してから始業までと、終業時刻から夜7時くらいまでの間に翌日のノート準備や社会の授業プリント作成、理科の事前実験などを行っています。あと、テストの丸付けや学校行事の準備などもあります。今年度は6年生の担任なのですが、勉強はもうほとんど中学の内容に近づいていて難しいので、準備にも気を使います。勤務先にいる間は、脳裏から尺八に関することはほぼ消えています。




…で、夜7時に帰宅し、夕食を頂いてからがようやくお稽古の時間になります。あまり夜遅くまではできないので、食事をしてしばらく休憩してから、30分くらいでしょうか。奥傳曲1曲を通せたら、「ああ〜〜!今日はちゃんと練習できた〜〜!!」という感じですね。忙しくて退勤が遅くなった日は、楽譜を広げる時間も惜しんで「一二三鉢返調」だけとか、「六段」だけとか、もっとひどいと「鹿の遠音」のムライキまでして「レロー」とか、そんな時もあります。とにかく、与えられた環境の中で極力ねばってなんとか吹いています。


そのあと、皿洗い、子どもの寝かしつけなどでドタバタして、自分自身が入浴して風呂からあがると、もう1日が終わったという感じで(ネットとかFBのチェックとかはしていますが)、怒涛のように毎日が流れていきます。お風呂から上がった時に、顔の表面が乾燥しないように、湯布院で買った温泉の濃縮液と、自然派化粧水を塗り、翌日の尺八を吹けるコンディションを維持しています。冬は特に乾燥肌になりやすいので、マスクをつけて寝ています。

冬季は職場でも、生徒の前とか、マスクを外すべきタイミング以外はマスクをはめたままが多くなってしまいます。尺八の調子の維持には、もともと音の調子がすぐに落ちてしまいやすかった過去の苦い経験もあって、非常に気を使ってしまいます。



尺八は、中継ぎで折りたたむと持ち運びしやすい楽器なので、基本的にいつも肌身離さず常に持ち歩いています。カバンの中には必ず吹料の利道道仁銘八寸管、つゆきり、そして三浦琴童譜(乾坤の2冊で本曲36曲がすべて収められているもの)の3点セットが入っています。



この習慣は高校時代、父の友人でフォークギターのセミプロの方(父もその方も教員でした)が僕の前で「ジャラッ」と小銭入れを見せてくれ、その中に入っているギターのピックを指差しながら「ミュージシャンってのはね、常にこれを持ち歩いているんだよ」と語ってくださった思い出が大きく影響しているように思います。


休みの日は休みの日で、金曜日の後のバタンキューで土曜の朝は遅めに起きてしまい、家族で出かけたりとか、買い物をしたりとかあれこれあるので、結局お稽古ばかりはできません。子どももまだ小さいですしね。土日も、奥傳曲を2〜3曲吹けたら「ああ〜〜!今日はちゃんと練習できた〜〜!!」という感じです。月に1回「web演奏会・10分で琴古流本曲」の『収録』があるので、そういう時は午前中いっぱい座敷が『立ち入り禁止』となり、紋付に着替えて演奏を撮影しています。午後はそのアップの作業や解説文の執筆などになりますね。「多重録画」の場合は、Macで合成作業や書き出しに時間がかかるため、もう丸1日の作業となります。…そう考えると、家族から見ると、月の4分の1は尺八にかかり切りになっているように見えるでしょうね…




なかなか「兼業」も思うように尺八ばかりに時間を使えないのですが、大好きな琴古流尺八で、本曲や地歌箏曲を演奏することができて、ネットでも自分の書きたいことを自由に執筆できて、YouTubeが中心ですが時々リアルな場で演奏できて、今はこうして「而今の会」の本番に向けてあれこれ自分なりに工夫できているので、これは本当にありがたい境遇だと最近しみじみ感じております。

2017年4月30日日曜日

ネコと私

皆様こんにちは、東でございます。

今回は三曲の事から離れて私の愛猫2匹の
事をお話しましょう。

当家にはスコティッシュフォールドの
立ち耳の仔達がおり、クウとチャイ(二代目)と
家のマスコット的存在です。

家の稽古にみえる皆さんに挨拶したり、

遊んで貰うのが2匹の一番の楽しみと言えます。



私の部屋のネコ座敷で寛ぐ2匹です。
右がクウ(11歳·元オス)、左がチャイ(1歳·元オス)の
スコティッシュフォールドの立ち耳の仔達です。




初めて一緒にチャイと撮ってみました。
ヤンチャ坊主ですので、なかなか撮らせて
くれなかったのが最近は落ち着いて

来たのか、素直に撮らせてくれます。



クウはおとなしく撮らせてくれますので、
抱っこしても暴れたりしません。

2017年4月23日日曜日

酒 復称笹の露

こんにちは、山口です。



琴古流の尺八界では古来より、「笹の露」のことを副題とでもいうべき「酒」の呼称で呼ぶ習慣があります。青譜の題箋にも「酒」とあり、その下に小さく「復称 笹の露」と書かれています。僕はもともと都山流の出身なので、琴古流に入門して初めてのおさらい会のプログラムに「酒」と書いてあるのを見て「そんな古曲、あったっけ!?」と驚いたところ、「笹の露」だった、という体験をしました。琴古流独特の曲の呼び方や漢字の使い方はいくつかありますが、それらは琴古流の「味わい」として、大切に伝承していきたいなと思っております。



さらにもう一つ、琴古譜の「笹の露」には、作曲者の記載箇所に「石川勾当」(正しくは菊岡検校)と書いてあります。これも、師匠の御宅でお稽古をつけて頂いた時に教えていただいて訂正した思い出があります。白譜の「笹の露」は持ち合わせていないので確認できないのですが、青譜や白譜が出回り始めるより一世代前の青刷りの琴古譜でも「酒、石川勾当作曲、笹の露トモ云」とありますので、近代に現行の琴古譜や地歌箏曲の手付けが完成して以来、曲名の呼称と作曲者名の誤りは「琴古流の伝統」とでもいうべきものになっているようです。面白いですね。



さて、「酒」といえば、もちろん地歌箏曲の「笹の露」も尺八界において人気の奥傳曲といえると思いますが、それと同等、いやそれ以上に「本物の」酒の方も、尺八界には大層な愛飲家が多いようです。雑誌『三曲』の記事をめくると、本当にそういう話題が多いので、ここで二、三取り上げてみたいと思います。

◎豊田古童(初代古童)
当時日本随一の名人と呼ばれた初代古童師に入門を許されたので竹翁先生は飛立つばかりに喜び勇んで、早速その翌日から稽古に通はれたのです、其時竹翁先生の宅は下谷の大恩寺前で、そこから日本橋の箔屋町にある古童師の家へ日々通ふのですが、どうした事か一向に教えて呉れる気配がない、それでも構はず通ふが色々の口実を以て尺八は手に取らぬ、最もこの豊田古童と云ふ先生は天性酒落の人で、酒も余程嗜まれてゐた様子、いつも酒を飲んでゐては「明日こい」翌日行くと又「今日も一杯やっとるから明日来い」又翌日行くと「今日は尺八を作ってゐるから明日来い」といふ調子で毎日々々口実を設けての門前払ひ、かうなれば根気較べです、飽迄熱心な竹翁先生のほうでは只習ひたい一念から根気よく通ふこと二ヶ月に渉りました、然しそれでも所詮相手にされそうにはない。
そこで先生も決心されました、それは丁度大雨の降る日、今日こそは師匠も閑であらう、今日往て若しも教へて貰へなければ断然自分は学ばぬ、あきらめぬ、と決心して出かけて行きました、相変らず師匠は酒に酔て座敷に寝てゐたが、竹翁先生又も懲りずに来た所を見て「ソラ又やって来た」とばかりに冷やかに見て相手にせぬ、竹翁先生は決心はしておるが悄然としてその玄関に佇立んで如何にも無念の思入れ、その姿と顔を見てか忽ち「まァ上れ」と初めてこんな声がかゝったので、驚きの眼を張って竹翁先生は不思議な仕合せと、初づ暫く座敷に上られたのです、その時初めて初代古童師は莞爾した顔になって話し出されました。「実は今迄お前に教えなかったのはお前の心を試したのだ、お前の熱心もよくわかったから此上は今日からミッチリと稽古して、私が知ってる所の秘曲は悉くお前に伝えよう」とうって変って親切なる言葉、竹翁先生は感極まって泣かんばかりに喜ばれたのです、これから初代古童師について三年間、本曲外曲も師のものは悉く授かったのです。…
 「荒木竹翁先生」三浦琴童『三曲』大正13年8月より

◎荒木竹翁(二代目古童)
前号でちよと竹翁先生の健康に就て述べましたが、実際先生の強健とその平常に就ては到底今の若い者の遠く及ばぬ処がありまして、酒も随分いけた方で、昼と晩に、日に二度はやってゐられたのですが、最も先生のお酒は四十を越してから飲み出されたので、中々強い方で、従って老いて益々盛んな処が見受けられました。…
 「荒木竹翁先生」三浦琴童『三曲』大正13年12月

◎三浦琴童
…故佐藤左久、上原眞佐喜、三浦琴童、この三人が当時の酒豪で、中でも三浦さんは熱燗で有名、一名熱い燗の事を仲間で三浦燗と云った程、それに就て三浦さんは嘗て言はれた「あれは竹翁さんが熱燗がすきでそのお相手をしてゐたからだ」との事であった。
 「三浦琴童先生を追憶する」藤田鈴朗『三曲』昭和15年5月

…先生の熱燗は有名なものでしたのでいつも先生燗と自分燗のお銚子を別々に二本並べるので先生もお笑いになりました。
 「虚無吹断 三浦琴童先生の憶出」高野宗童『三曲』昭和16年2月


具体的な文面は省略しますが、私の最も敬愛する尺八奏者・山口五郎先生も、お酒が大層お好きであることでも有名ですよね。



尺八家は、酒を愛する人が多いようで、そういったあたりも込みで「笹の露」のことを「酒」と思いを込めて呼んでいるのかもしれませんね。



〜〜〜〜〜@而今の会・web談話室〜〜〜〜〜


尺八の先人方で古来より酒豪はいたのですね。
因みに、宮城譜ですと笹の露の別名として
『一名 酒』
と表記されており、尺八とは逆です。



琴古流の外曲は、荒木竹翁が長瀬勝雄一に師事し、手付けしたものが根源になっています。もしかしたら、その長瀬勝雄一の系統(本格的に江戸に生田流が進出する前の、生田と山田の両方の橋渡しをした芸系。山田流への地歌箏曲の移曲は、長瀬勝雄一の協力によるところが大きいと見られる)で「酒」と呼んでいたのかも知れませんね。しかし、そんな小難しいことよりも、「酒」好きな多数の尺八家たちの精神が表れているのかも知れません。

ちなみに僕自身は、お酒は好きなのですが、昨日はどうも「お酒に飲まれ」てしまって、、、、
飛躍できないのはお酒に弱いからなのかも…



色んな意味で酒の存在は大きいと言えます。
笹の露と言うと、どちらかと言えば女性が使う
イメージがありますので、山口さんの文面から
察すると男言葉でビシッと酒と言うのが
収まるかなと思います。
まぁ、尤も明治以前の三曲は男性中心でしたから
自然と酒で通っていたのでしょう。

女房言葉で『ささ』とか『笹の露』は
使われておりましたので、明治以降は自然と
糸方では笹の露と呼ぶ様になったのだと思えて来ます。



長瀬勝雄一は、関西の方で修行を積み、江戸に帰郷したそうで、その頃は生田が受け入れられるような土壌ではなかったみたいなんですが、その人柄と、山田流との積極的な交流で周りからの支持を得て、名人として名を知られたらしいです。
山田流にも「笹の露」は移曲された訳だし、その昔は「いい!」と思った曲は習って取り入れたり、交換したりと、今の環境よりは逆に芸の面では自由だったんじゃないですかね?



私は調べた訳ではありませんが、移曲という程の取り入れ方ではなかったと思います。
譜面化はされなかったという事は、取得すべき必須の曲とは別に、生田の曲への憧れ的な位置づけで 弾かれていたのではと思います。



昔の芸の交わりは、今よりもずっと
おおらかだったと聞いてますね。
山田では京ものと呼んで生田の曲が弾かれて
ますけども、生田では逆に山田の古典は
弾かないのがナゾです。

2017年4月16日日曜日

箏から目線の笹の露

こんにちは、東です。

地歌箏曲の曲作りは幕末以前は
三絃が原曲ならばお箏は後で別人が手を付け、
更に胡弓(後に尺八)の手が加わる形で
三曲合奏が成立するのです。

笹の露は菊岡検校の三絃が原曲で、
そこから八重崎検校がお箏の手を付ける形で
糸方の合わせが出来て、それから尺八が
加わる事で定番の三曲合奏となります。

私は今回はお箏を弾かせて頂きますけども、
大庫さんの三絃がタテですので、響きが凛として
いる点からお箏を弾くとしたら少し引き下がり
やんわりと弾く形で応えられればと目指してます。

昔ですと、三絃に負けじとバリバリと弾きまくって
ガチンコ勝負に流れて行ったのですけども、
それでは合わせのバランスが崩れてしまいます。

歌舞伎で言えば三絃は立役にあたり、
お箏は女形のポジションであるべきと考えてます。

とは言え、決してナヨナヨとしたものでは無く、
芯はシッカリと持ってお相手させて頂く事を忘れては
いけません。

でないと、手事の差しつ差されつの
流れで勢い付いて段々とベロンベロンに酔い…
『あられもない』
事になります。

流儀によっては糸方がバリバリ互いに弾き合う所も
少なからずありますが、私がお箏に回る時は
常に三絃を引き立てつつ自分の音をジンワリと伝えて
行く事こそが大事と心掛けたいです。

私の稽古は師範代モードのチャイが見守る中、
静かに進めております。